MADURO

いくつになってもブツ欲が止まらない!

最新号チラ見せ

  • 成熟男子のクルマ旅

    クルマを愛し愛されたマデュロ世代。
    コゾーの時代に憧れたオープンカーやレースカーはあの頃まだまだ手が出せなかった。
    しかし、月日とともに愛車も何台目になったことやら。
    各車それぞれ皆さんなりの思い出もございましょう。
    風切る爽快感ばかりを求めていたら、
    助手席の彼女(今のカミさん)に怖いからスピード緩めてと言われるドライブしたり…とか。
    そういや、ヘプバーン後期の映画で『いつも2人で』なんてありましたっけ。
    夫婦の思い出とともに各時代のクルマが描かれておりました。学生時代のヒッチハイク、
    新婚当初に手にした中古MG-TD、
    子供を産む前の友人とのフォード旅、
    子どもができたらの小型のトライアンフ・ヘラルド、壮年期の高級車ではメルセデス・ベンツ。
    たくさんの出来事があったけど、
    クルマでどこかに旅した思い出が夫婦の絆を丁寧に描写しておりました。
    読者諸兄におかれましてもきっと愛したクルマの数だけ旅の記憶があるはず。
    ただ、そんなノスタルジーに浸るよりも、
    成熟男子にはまだまだ自分が楽しむためのクルマ旅がこの先待っている!
    きっと、残りの人生もクルマとともに旅するんでしょうけど、
    ちょいとここらで成熟男子らしいクルマ旅の姿ってのを見直してみましょ!