MADURO

いくつになってもブツ欲が止まらない!

バックナンバー 2014年11月号

  • 総力特集 やんちゃジジイの煩悩108

    「歳をとったら丸くなれ」そう世間は言うけれど。弘法大師空海は、煩悩こそが仏の世界に至る原動力だと説いたではありませんか。無欲の存在として人畜無害に生きるより、煩悩を生かして悩み多き人生を生ききることで、この世で仏になれるというのです。であれば、いまこそ我身から離れぬ煩悩の数々を全力で生ききるべき時なのではないかと。そのようにマデュロは思い、記念すべき創刊号の特集として、ここに我らを生かしきる「108つの煩悩」のすべてを網羅。ヒトは煩悶し、葛藤し、煩悩の炎をひとつひとつ燃焼させて、完成された己だけの浄土を目指す。そう、いまこそ人生最後の大勝負をかけて、大蕩尽のかぎりを尽くすべき年齢なのだ、読者諸兄よ!!
  • やんちゃジジイ今月のお手本 俳優、岩城 滉一

    「やんちゃジジイっていったら、俺以外に誰がいんのよ」。そう語るのは、やんちゃジジイ代表の俳優、岩城 滉一さん。御歳63。すべて自前だというこだわりの衣装を身にまといながら、ご自身のやんちゃを存分に語っています。ほか、キャスターの宮川俊一さんら、やんちゃジジイが勢ぞろい!
  • やんちゃジジイのクルマ生活 マセラティ

    クルマから降りちゃって、好きな時に好きな場所へ行く自由を失った男なんて、翼の折れたエンジェルと一緒。男とは、クルマに乗り続けてナンボの存在なんですよ。ということで、やんジーが乗るべきクルマとして、候補にあげさせていただいたのが、名門マセラティのギブリ。この最新モデルが持つ2つの顔を徹底解剖します!
  • 行かずに死ねるかジジイの楽園 ル・マン

    ヨーロッパではF1と並ぶ人気を誇る、夜を徹して競う「ル・マン24時間耐久レース」。そのレースを13勝しているアウディがサーキット内に、にわか仕立てのホテルを設置したとか。VIPやアウディの会長も宿泊するというこのホテル…そこに行かずに死ねるか!ということで、編集長岸田が自ら潜入レポートしちゃいましたぞ!