MADURO

いくつになってもブツ欲が止まらない!

編集部員ブログ

2015/09/6

前回、1年で10kg増のために探して見つけたフィットネスクラブの『メディジム』(http://medigym.jp/)。

体験トレーニングの内容がよかったので、本格的に始動することにいたしました。

で、ここのジム最初に何をやるのかといいますと、なんと提携の昭和大学江東豊洲病院で通常の人間ドック以上の項目で身体の隅々までトップアスリート並の検査をするんです!

なぜ最初に検査を行うかといいますと、医療者の立場から見れば、身体状態を把握せずに、トレーニングや食事制限を行うのは、とても危険を伴うことらしいのです。

なぜならば、骨や筋肉、関節の異常などはもちろんですが、糖尿病などの血液疾患や内臓疾患、などを持っていた場合には、十分なトレーニング効果が出ないことはもちろん、はたまたトレーニングや巷でよくある画一的な食事制限を行ったせいで逆に身体を壊してしまうなんてことにもなりかねないからだそうです…。

専門家につかずに、素人感覚でやってしまうのは、想像以上に怖いことなんですね…。

そのため、このジムでは入会時に必ず、血液検査、尿検査、MRI、レントゲン等のメディカルチェックを義務づけているそうです。また、万が一、疾患等が見つかった場合は、トレーニングを開始する前に専門的治療を行えるように完全バックアップ体制が敷かれているのも大学病院と提携している強みかも。

う~ん、ここまでしっかりと大学病院や医師等の医療従事者が寄り添って個人のことを考えてもらえるなんて、とても安心ですしあり難い話ですね。

いざ病院に行きましてなにを受けるかといいますと…

筋肉や骨に異常がないかまず全身のレントゲン検査で診てもらいます。私の場合、腰痛持ちなので整形外科の先生がしっかりと稼動域と痛みがないかもチェック。

そして血液検査と尿検査で糖尿病等の疾患がないかはもちろん、気になる血中コレステロール値や肝臓の指標値などを全てチェックしてもらい、その結果をもとに栄養科長の管理栄養士さんによる栄養指導。

検査をしてわかったことが、総コレステロール値と肝機能を示すAST(GOT)、ALT(GPT)値がかなり高いため、動物性脂肪の摂取を控えること。また尿酸値も少し高いのでもっと水分をこまめに取らないといけないみたいです…通風予備軍ということです、こりゃますますやばいです。

最後になんとMRIまで受けるんですね。

これで、骨の状態はもちろん内蔵の状態等もしっかりチェック。

実はこちらで胆嚢石や内臓疾患などが見つかる方もいるとか…。

私は、軽度のヘルニアと肝嚢胞と腎嚢胞が発見され、皮下脂肪、内臓脂肪ともに蓄積が見られました…。

検査の結果、Grade Bではありますが、無事晴れてトレーニングを受けられることに!!*検査結果総評は監修医師がこのようにしっかりと作成してくれます。

さてさて、ではどういうトレーニングを受けるかといいますと…また次回ご紹介いたします。

チーフトレーナーMOEKOブログ

http://ameblo.jp/medidentmoeko/

スタッフブログ
http://ameblo.jp/medidentstaff

つぎは、食事療法をお伝えします!